東出昌大の現在、共同生活はガセ?!狩猟生活や年収の実態を調査!

北関東の山ごもり生活で話題を集めている東出昌大。後輩女優との共同生活という記事に対して、「そういうことじゃないのに・・・」とコメントをしています。

話題性を作るためのデマは良くない!ということで、デマなのかどうかを調査していきたいと思います。

東出昌大の現在は?

出典元:ABEMA TIMES

昔のイメージとは違って、ワイルドになっている印象です。これが自然体なんでしょうね!

現在の年収は1200万以上

今は、年収1000万以上はあるのではないかと推測します。映画の出演料も騒動があってからは安くなっているそうです。出演料は、200万~300万ぐらいだと言われています。

出演映画が2023年~2024年に6本ありますので、これだけで1200万。

あれだけの俳優だったわけですから、決して多くはないなと思います。

現在の収入源は

  • 映画
  • ローカル地上波
  • ラジオ
  • 舞台
  • 雑誌
  • YouTubeゲストなど

実力があれば、仕事はあるんですね。騒動があったとはいえ、実力は本物だし周囲からはその記憶は案外消えていきますし、本人にも人生がありますからね。

独立して全部、自分でしている(請求書、スケジュール管理、経理など)

独立できるならした方が、良いでしょうね。自分も独立しているので気持ち凄く分かります。自分でするストレスはありますが、周りに気を使うといった人間的ストレスはかなり少ないです。

自分でするといっても、慣れれば何のストレスもなくこなせることばかりです。忙しくなりすぎると、仕事ばかりしている・・・になってしまうのでそこは自分の調整次第かと思います。

独立しているからこそ、自分の意志で判断も決断もできますし、今のライフスタイルも構築できているのではないでしょうか。

東出昌大が狩猟生活をなぜ始めようと思ったのか?

出典元:UnsplashのSebastian Pociechaが撮影した写真

始めるきっかけは?

始めるきっかけは、もちろんあの騒動だったことは間違いないでしょう。しかし、なぜ狩猟生活を選択したのだろうか!?田舎暮らしはいつかしたかったそうです。

人目を避けたかった・・・

狩猟生活を選んだ理由① 自分らしく生きたい

人目を避けたかった×田舎暮らし×ご縁が、狩猟生活にいきついた理由。狩猟免許を持っていることも事務所との合意の元、公表していなかったそうです。

自分がしたいこと!自分が取得した資格!を隠さないといけない立場であり、そういった生き方・・・

そんな生き方に嫌気がさしただろうし、自分の心に素直に生きている。

狩猟生活を選んだ理由② 孤独を求めた

SNS時代・・・これによりスキャンダル後は、何万という誹謗中傷を受けたそうです。さすがに、メンタルもやられたと語っておられます。それはそうですよね。やられますよね・・・。

普通の人だとそこまで世間にさらされることがないことでも、有名だからこそスキャンダルというかネタにされるんですね。

狩猟生活で感じていること

自分がなぜ生きて行けるのか?!何のために生きているのか?と生きていくテーマとでもいうべきものと日々向き合って生きている。

命のありがたさを日々感じながら、自分は生かされている。

これは映画「WILL」で全て語られています。

なぜ俳優である東出昌大が狩猟をしているのか。
彼が狩猟をして生命を頂き、生きながらえる生命とは何なのか――。
本作は、根底にある気持ちの混沌、矛盾、葛藤を抱える東出昌大という一人の人間と、MOROHAが発する渾身の言葉とすさまじい熱量が重なり合い、東出自身が問い続けている日々を生々しくスクリーンに映し出していく。

引用元:WILLホームページ

 

東出昌大の狩猟生活って?

出典元:産経ニュース

感想

狩猟生活ってどんな生活?

狩猟の最も本来的な目的は、食料や物資といった人間の個別集団の生活に不可欠な必需品を野生動物から獲得することにある。その目的となる食料や物資の典型例は、肉・皮革・油脂・羽毛・骨・牙である。

引用元:ウィキペディア

東出昌大の場合は、野生動物を獲得し、食料としている。自分が生きていくために野生の動物の命をもらって生きて行っている生活。家も山の中にあり、テントみたいなところで暮らしている。

半自給自足の生活をしている。獲ってきたきた獲物を自分でさばき、自分で保管できるようにする。自己責任で全てをする生活です。

どんな獲物が獲れるの?

  • エゾシカ
  • アナグマ
  • イノシシ
  • ヤマドリ

今、感じていること

芸能人がスキャンダルを起こす際に常套句のように「事務所に確認してください」と使うのは、携わる人の数が多いからです。でも事務所を退所して山に放たれたことによって、全部が自分の責任として跳ね返ってくると悟った時に…待てよと。人に噂されようがされまいが、飯は今日食えるし、普通に生きている。でもその噂がクソくだらないウソならば、記者を捕まえて面と向かって「クソくだらないことを書くな!話を聞け!」と言えば良くね?みたいな(笑)。

引用元:ABEMA TIMES

ホントに最近は異性の問題を取り上げている記事が多すぎる。それがあること自体も問題だと思いますが、ぶっちゃけどうでも良くないですか!?と思ってしまいます。

それによって家族は打撃を受けると思います。しかし、過剰に反応することによってより大きな打撃を受けることも多々あるのではないかと思います。それが、子どもとがいるともう周りからどう見られるのか・・・学校行きたくない・・・みたいなことも絶対に出てくると思います。

そして、1のことを10にして報道することもあると思います。それって記事的にはおもしろくなるかもしれないですが・・・誰のためになっているんだろうか?!と思ってしまいます。

それを書くことで、何人もの人生を狂わせることもあるのだからこの辺りはホントに見直してほしいなと思います。もっと世の中のためになることを報道していくべきだと個人的には思います。

東出昌大の現在まとめ

  • 山ごもり生活
  • 映画出演
  • 狩猟生活

と自分らしさを貫いている生活をされています。共同生活の女優とかいう記事も出ていますが、仲が良いだけですし、狩猟仲間であり、同志って感じじゃないかなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!