クレイジージャーニーの須賀川拓ってなぜジャーナリスト?!危険を冒す理由や魅力を調査!

クレイジージャーニーに出演している須賀川拓がタリバンが支配しているアフガニスタンに行って麻薬中毒者の摘発の現場に迫っています。僕らにしてみたら、絶対に見ることのできない世界なんで知れるという意味ではありがたいのですが・・・

一歩間違えば死ぬかもしれなくないですか!?そんな危険を冒してまでこのジャーナリストをする理由って何なんだろうか?この仕事にはそんなに魅力があるのかが気になったので調べていきます。

クレイジージャーニーでタリバンが支配するアフガニスタンへ

いやいやこれはマジで危険すぎませんか!?危険地帯の取材にいくら慣れているとはいえ・・・こんな危険を冒す必要があるのだろうか?ってマジで思ってしまいます。

とはいえスリルが好きな人っていますからね。自分の好き嫌いとかではなく、もしかしたら使命感ってやつからきているのかもしれませんね。

タリバンと言えばイスラム武装勢力ですかからね。ヤバそうな臭いしかしないです・・・が同じ地球で起きていることなので、そこを知れることに感謝しかないです。

須賀川拓ってどんな人

出典元:X.com

  • ウクライナとロシア ハマスとイスラエルなどを取材
  • 1983年3月21日
  • 日本のジャーナリスト
  • NEWS23専属記者
  • 日本生まれ オーストラリア育ち
  • 慶應義塾大学卒業
  • 2006年にTBS入社
  • 2児の父

同年代で世界で起きていることを命をはって伝えていることが凄すぎる!って思ってしまいます。日々命と向き合っている人の言葉には重みがありますよね。

なかなか生死の間にいることがないので脱帽です。家族は心配でたまらないでしょうね。TBSに入社され、スポーツ局を経ての2010年から報道ということで14年されているんですね。

須賀川拓ってなぜジャーナリスト?

出典元:TVerプラス

ジャーナリスト(英: Journalist)とは、新聞、雑誌など、あらゆるメディアに報道用の記事や素材を提供する人、または職業である。明治時代には「操觚者(そうこしゃ)」と訳された。

引用元:Wikipedia

このジャーナリストって仕事がなければ自分の周りで起こっていること以外を知るってことができないんですね。インターネットの普及により、情報が散漫していますが情報の本質、事実を伝えてくれている方々にはホントに感謝です。

情報がお金になるので、正しく伝えることがとても大切になってきますよね。

危険を冒す理由① 伝えなくてはならない物語がある

戦争が起きれば現場に行きます。戦争が起きていなくても、不安定な情勢が長年続いている現場にも行きます。なぜか。こうした国・地域には、生活を破壊され、最愛の家族を失い、夢を見ることができなくなった人が多く暮らしているからです。

引用元:TBS

報道されていない現実がたくさんあるのでしょうね。今、自分達が置かれている状況は当たり前ではなくとても幸せなことなんだと改めて気付かされます。

子ども達には夢を持ってほしいと思っていますし、夢を持てるような活動も微力ながらしています。しかし、夢を持ちたくても持てない。そんな境遇の子が大勢世界にはいるんですね。

この地球で戦争が起きていることが信じられないですが、現実に起きています。そんな現実を知ることもとても大切なことといいますか、自分を律することにも繋がるかと思います。

危険を冒す理由② 取材をした人や視聴者からの”ありがとう”

自己満足でいい。それを報じることで多くの人から感謝され、その結果彼ら、彼女らの未来に少しでもプラスのエネルギーを注げるのなら、現場に向かい続ける意味はあるんだと思います。

引用元:TBS

取材をした方々からの”ありがとう”って泣けてくるだろうなと思います。どんな状況かは想像でしかないですが、ホントに目を覆いたくなるような現実の世界があるんだと思います。

そんな中で、話を聞いてくれてありがとう!や私達の現実を伝えてくれてありがとう!なんて言われるとそらグッときますし、使命感も出てくるだろうなと思います。やりがいなんて言葉ではなく、これはホントに使命感に駆られていくのではないでしょうか。

危険を冒す理由③ 世界中から貧困と紛争をなくしたい

ニュースを見た視聴者にとって少しでも多くの気づきに繋がれば、それが議論へと発展し、支援に繋がります。その力は、現地で苦しんでいる人たちの生きる糧になる、そう信じています。

引用元:TBS

貧困や紛争をなくしたい!思うことは誰にでもできます。しかし、これを行動に移すことがとても難しい・・・ってか普通はできない。しかし、体現しておられる。ホントに凄いことだと思います。

知ることから、話題になり、議論になる!そこから支援に繋がっていく!この流れは実際に起こるんだと思います。起こるかどうか分からないが、自分ができることをフルコミットで実行していく!この姿勢はホントにプロフェッショナルです。

自分のしていることが間接的で誰かの役にたっていたら良いって感じなんじゃないかなと思います。器が違いますね。自分のしていることに信念がある。

news23ジャーナリストの魅力って

  • 自分にしか伝えられないことを伝えられる
  • 経験してきたことをそれを自分なりに伝えていくことができる
  • 自分だけのストーリーがあり、自分だけの宝物を手に入れらえる
  • 多くの”ありがとう”をいただける

とにかく色んなことが起こるが、それが自分を成長させてくれる。自分を変わらせてくれる。AIには絶対にできない人の感情に触れることで自分も変わっていけることが魅力なんじゃないだろうか。

まとめ

これは伝えておくべきだと思うので最後に記載しておきます。

「なんでそんな危険なところに社員を行かせるんだ!」と視聴者からお怒りの声が届くときもありますが、どうかご安心してください。今挙げた危険な要素は、的確な準備と訓練を積めばかなり高いレベルで排除できます。だからこそ、明日も、明後日も、現場に立ち続けられるのです。

引用元:TBS

自分が危険を冒してまでする理由や魅力を調べてきましたが、自分自身も熱くなってしまいました。使命感を持っている人は強いと言われますが、ホントにその通りだと思います。

自分は会社経営をしていますが、もっと覚悟を持って取り組んでいくぞ!という気になりました。

これからのご活躍を心から願っていますし、お身体を大事にされてください。スタッフの方やカメラマンさんもいつもありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!